寝る姿勢に応じて枕の高さが自動で変わる水枕 ~ 横向は高く、仰向は低く

inflatable-pillow

 

適切な枕の高さはより良い睡眠を促し、睡眠中の体への付加を軽減する。適切な枕の高さが何であるかは実験的に調べられていないが、横と仰向けの体勢では経験的に前者の時には高い枕、後者の時はそれより低い枕の方が体への負担は少ないと感じる。しかし睡眠中、人は何度も寝返りを打ちその度に高さの違う枕を取り替えることは不可能である。そこで今回、人が横または仰向けで寝ているのかを加速度センサーで観測し、それに応じて水枕の水を給・排水することで枕の高さを制御することを試みた。給水と排水にはそれぞれ風呂用給水ポンプと給油ポンプを利用した。加速度センサー値はArduinoのAnalog入力から読み取り、その値に応じたDigital出力のOn/Offによってポンプモーターを駆動させるためのリレースイッチを制御した。

広告